自己破産に必要な書類

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

自己破産に必要な書類

自己破産申立てをするには、破産申立書、陳述書、債権者一
覧表、資産目録等の書類を指示通りに記載して、裁判所に提する必要があります。
破産申立書で書くことは、住所、氏名、生年月日、電話番号のほかに申立ての趣旨と申立ての理由があります。
また、揃えなければならない書類もあります。


たとえば、戸籍謄本と住民票は省略がなく全て記載されているものを用意する必要があります。
このほか前年の源泉徴収票または確定申告書、過去2カ月分の給与明細、銀行預金通帳、生命保険の解約返戻金計算書、賃貸借契約書、登記簿謄本などをそろえる必要があります。


さらに、陳述書には、
1.経歴
2.家族関係
3.破産申立てをするに至った事情、
4.これまでの生活状況
5.貸主との話し合いの事情
6.どのような財産をもっているのか
7.家計の状況
8.どんな人や会社から借金しているか
ということなどを書く必要があります。
過去2カ月間の家計の状況も必要です。


この陳述書に書く内容の経歴に関しては、最初に借り入れをした頃にまでさかのぼって書くことになります。
何年何月にどこから、いくら、何の目的で借り入れたのか、またその当時の収入はいくらあって、毎月いくらを返済していたのかなど、かなり詳細に記載する必要があり、その当時の関連する資料等をすべて探し出すことになります。


破産申し立てをしてからは、この一連の作業が一番重要になってきますのでこれから自己破産を検討されるなら、今のうちにそれらの資料をて揃えておくと実際に申し立てをする時にスムーズに進みます。
自営業など個人事業主の方は、取引業者や設備購入先のリストをしっかり保管しておいてください。


債権者一覧表には債権者全ての氏名、住所、借入年月日、借入金額、借入原因、資金使途、現在の借入残高等を調べて記入します。
資産目録には、現金および預金の金額、不動産所有の有無および時価、最近処分した不動産の有無、自動車やゴルフ会員権の有無、株券など有価証券の有無および時価などを書いていきます。


実際に自己破産をする上で一番大変なのが各書類を揃えることと、破産申立書や陳述書などに記載する手間がかかることです。
それらをほぼ正確に記載するために揃える書類の多さには、根負けしてしまいそうになりますが、それで借金が帳消しにされるのであれば、それくらいの面倒さはお金の不安のない生活を取り戻すための手続きだと覚悟しなければなりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。