自己破産のデメリット

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

自己破産のデメリット

自己破産のデメリットを説明します。

   
裁判所に自己破産の申し立てをして免責をうけた人のデメリットは2つです。


第1のデメリット(法律上のデメリット)
法律上のデメリットは、免責をうけた人は、その後10年間は、もう一度免責が受けられないことです。


第2のデメリット(事実上のデメリット)
事実上のデメリットは、信用情報に名前がのるため銀行やサラ金から借金したり、クレジットカードの発行を受けることが5年から7年はむずかしくなることです。


しかし、これらのデメリットがあっても日常の生活にはほとんど影響はありません。
一般の人は自己破産してもほとんど困りません。
自己破産すると人生終わりだと思っている人もいます。
しかし、これは大きな間違いです。
自己破産すると借金がなくなります。
そして、一から生活をやり直すことができるようになるのです。


また、破産宣告を受けた後は、収入は原則として全て本人が自由に使えます。
自己破産したからといって、一生みじめな生活を送らなければならないわけではないのです。
そして、自己破産したことは戸籍や住民票にものりませんので、本人や家族の就職・結婚などにさしさわりはありません。
選挙権や被選挙権もなくなりません。


万が一、自己破産したことが会社にわかっても会社は自己破産を理由に解雇することはできません。
もっとも、市町村役場内にある「破産者名簿」には自己破産したことが記載されます。
しかし、これは部外者が見ることはできないものです。
免責を受ければこの名簿から削除されます。


また、裁判所から破産宣告を受けると資格制限があります。
警備員、宅地建物取引主任者、証券取引外務員、生命保険募集、株式会社や有限会社の取締役と監査役などになれなくなります。
しかし、免責されれば、またなれるようになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。