任意整理のデメリット

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

任意整理のデメリット

任意整理のデメリット


第1のデメリット
借金総額、支払原資の額が同じでも任意整理ができる場合と出来ない場合があります。 任意整理をするためには、原則として利息制限法に基づく引き直し計算をした後の借金を3年で払えることが条件になります。
引き直し計算をしても残りの借金が3年ではとうてい払えないほど残る場合は、結局借金の返済が不可能と見なされ、任意整理が認められません。


第2のデメリット
借金の多くが銀行などの利息が低い金融機関からの借入の場合、利息制限法に基づく引き直し計算をしても借金はあまり減りません。 金融機関からの借り入れが多い場合は、まず金融機関に相談して「借金の一本化」や「返済期間の延長」などを検討してもらうことです。
債権者の中で最も誠意的にかつ、穏やか交渉が期待できるという点でも十分検討の余地があります。
弁護士等に相談するにあたり、全ての借金を正直に話すことが大切です。 いろいろな事情から一部の借金しか話さない人など、残りの借金が整理できずにあとでまた困ってしまうことになりがちです。 銀行やクレジット会社、サラ金、ヤミ金から借りていることも話すことです。


第3のデメリット
本人が任意整理を始めると、保証人に対して支払請求を開始する業者もあります。この結果、事前に連絡せずに任意整理を始めると保証人との間でトラブルになることがあります。
従って、任意整理する場合には保証人に事前に連絡しておいたほうがいいでしょう。


第4のデメリット
ローンで買った商品は任意整理する場合、原則として返さなくてはなりません。ローン会社が返還請求してきますから、請求に従って返すことになります。 実際は必ず返さなければならないわけではありません。 金額が小さかったり、かなり年数がたっていたりしてローン会社が返還請求しない場合もあります。ただし、ローン物件の中でも「車」に関してはよほど価値がなく、年数も10年以上たっているような旧式車でないかぎり、返還請求されます。
任意整理するにしても、自己破産するにしても成立後、金融機関やクレジット会社からの借り入れはむずかしくなります。その場合、借り入れをしなければよいわけですが、どうしても困るのが自家用車です。 かりに、車の価値がないということで返還請求されなかったとしても、それほど古い車であれば、直ぐに買い替えが必要になります。
ほとんどの場合、返還を請求されますので任意整理の場合はローンが残っている車なら何らかの方法でローンの残金を一括返済し、所有権を自分の名義にしておく必要があります。しかし、借金整理をするほとんどの人は自力での一括返済がむずかしい場合が多いので、もし親族や親戚あるいは知人に頼めるようであれば事前に車を買い取ってもらうか、自分以外の家族または親族が引き続き残りのローンを支払うという前提で、ローン会社にあらかじめ交渉しておくとよいでしょう。 最悪の場合は、当分の間は自家用車なしの状態で我慢するか、現金で買える範囲の車を買って一時をしのぐかです。


第5のデメリット
給与の振込先の銀行からも借金がある場合は、あらかじめ給与の振込先の銀行を変更しておく必要があります。 また、預金残高をゼロにしておく必要があります。
そうしないと、銀行が残っている預金や振り込まれた給料と借金を差し引きしてしまい、お金を使えなくなってしまう恐れがあります。
場合によって、銀行が自分以外の家族の名義の通帳を凍結し、家族に支払いをせざるを得なくさせてしまうこともあります。
このケースを防ぐには、金融機関に「受任通知」が届く前に、家族名義のすべての口座の残高を引き出しておくことです。
任意整理を依頼する会社のカードは弁護士等に渡します。カードは弁護士等が任意整理をする際の参考にします。たとえば、カード番号から最初の借入時期が業者主張の借入時期よりも前であることが分かる場合があります。
任意整理をする場合、必ずしもクレジットカードがすべて使えなくなってしまうわけでなく任意整理後もクレジットカードを使える場合があります。
使用してないカードでできるだけ金利が低いカードが一番いいのですが、借り入れをしていないかあるいは借入額が少なく、これまでに遅滞・延滞がなければそのまま使用できる可能性があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。