特定調停のデメリット

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

特定調停のデメリット

特定調停のデミリットについて説明します。


第1のデメリット
申立てや調停のために最低でも2回は、最寄りの簡易裁判所に行かなくてはなりません。
また利用しているキャッシング会社が多ければ、調停のそれだけ長引きますので、4回、5回と調停があります。


第2のデメリット
特定調停は借金の額が多すぎる人は利用することはできません。
特定調停では、3年(最長で5年)で借金を完済しなければなりません。
借金の額が大きすぎると毎月の返済金額が自分の支払能力を超えてしまうので、特定調停だけでは解決できません。
その場合は、自己破産などの別の方法へ切り替えるべきです。


第3のデメリット
特定調停を行うと、信用情報機関にその情報が記録されます。
それ以降、キャッシングやクレジットカードの利用ができなくなります。


第4のデメリット
特定調停は、法律の知識がなくともできますが、書類作成は普段やったことのない作業ですから、時間と手間がかかり面倒です。


第5のデメリット
調停というのは、債務者と債権者との話し合いなので、時には話し合いが成立しない場合もあります。
しかし、調停が不調に終わっても「債務額確定訴訟」や「債務不存在確認訴訟」の手続きを取れば、利息制限法で定められた利息で計算し直した計算書を入手でき、特定調停と同じ効果を得ることができます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。