特定調停とは

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

特定調停とは

借金の金額が少ない場合や債務先の件数が少ない場合は、まずこの方法を検討するとよいでしょう。
後で説明しますが、最初から弁護士等に依頼する「任意整理」などの方法もありますが、その場合は弁護士費用のお金が必要になります。 
できるだけ少ない費用で借金を整理したい場合に有効な方法です。


特定調停は、借主が借金の支払いに困っている場合、つまり、借金を支払えなくなる可能性がある場合に申し立てることができ、実際に支払えなくなっている条件はありません。
借主が簡易裁判所に申し立て、貸主と話し合って返済条件等を変更し、経済的立ち直りを図る制度で、借主が調停委員の支援を受けて貸主と話し合い、和解を成立させます。
特定調停の場合には、借主が複数の貸主をまとめて申し立て、特定の期日に30分〜1時間の時間をあけて個々の貸主と裁判所で話し合いができます。
調停申立費用は、一般的に弁護士費用より安く、弁護士費用の支払いがむずかしい場合は、特定調停を申し立てるのがよいでしょう。


「最初に契約した内容は変更できない」と思い込んでいる債務者は意外と多いのです。 しかし、債権者が一番困るのは貸したお金が回収できないことです。
返してもらうためには、ある程度までの条件ならば譲歩してでも調停に応じるという債権者は結構います。


最初からあきらめないで、特定調停を検討してみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。