債務整理4つの方法

債務整理の相談なら

プロフィール

借金,債務,整理,返済

Author:債務整理アドバイザー

借金、債務整理に悩んでいる方へすぐに実行できる情報を発信します。


借金、債務を整理する方法として、特定調停 、任意整理、個人再生、自己破産があります。

何かうしろめたい感じがしますが、法律で認められた再生のための手段です。


借金,債務,整理,相談


難しく考えず、まずはそれぞれの方法のメリット・デメリットを比較し自分にあった方法を検討してください。

一日でも早く、新たな出発に向けて準備を始めてください。

必ず解決方法があります。
必ず道は開けます。


Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

債務整理4つの方法

債務を整理する方法として以下の4つの方法があります。
はじめに、それぞれの方法の概略を説明します。


・特定調停
・任意整理
・個人再生
・自己破産


特定調停とは、特定債務者の経済的再生を支援するために、特定債務者およびその債権者その他の利害関係者の間を調整する民事調停です。
その調停の申し立ての際、特定調停手続により調停を行うことを求められた場合をいいます。


簡単に言うと、特定調停は、借金の返済に困っている借主について、裁判所が、借主と貸主その他の利害関係者(保証人など)との話し合いを仲介し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけ、借主が経済的に立ち直れるよう支援する手続です。
そのため、多額の借金を抱える人が破産せずに返済の負担を軽減できる制度として広く利用されています。


任意整理は、各債権者に対し返済を続けていくことを前提とした借金解決の方法です。
要するに、今よりも月々の返済額が減った場合に、借金の返済を続けていくことが可能な場合に検討すべき方法です。
実際の手続きは、弁護士や司法書士(以下、弁護士等)が各債権者との交渉を行い、借金の元金(利息はカット)を3年程度の期間で返済をするような、和解契約を結び、その契約に基づいて返済を行っていく方法です。
任意整理は消費者金融などの利息が高い債権者に長く返済を続けている場合には、月々の返済額を大幅に減らすことができます。
しかし、自己破産 のように借金自体がなくなるわけではなく、元金は返済していかなければなりませんので、債務の総額が大きい場合は月々の返済はむずかしくなる可能性があります。


個人再生は、裁判所を通じて借金を減らし、残額を分割で支払っていく手続きです。
自己破産は借金はなくなりますが、自宅は失います。 
また、宅地建物取引主任者や生命保険外務員、会社の取締役などの資格につくことができません。
このようなことを避けるため、つまり、自宅を失わず、資格も失わないようにするための手続きが個人再生です。


自己破産は、原則として「免責決定」を受けた時点の自己の財産(最低限の生活に必要なものは除く)を失う代わりに、すべての債務が免除され、破産宣告以後の収入や新たに得た財産を債務の弁済に当てることなく、自由に使うことによって経済的な更生を図る救済制度です。
自己破産は、借金はなくなりますが自宅を失います。 
また、宅地建物取引主任者や生命保険外務員、会社の取締役などの仕事につくことができません。
どの手段を採用するかは、借りている額、返済能力や資格喪失などを総合的に勘案して検討する必要があります。


もしかりにあなたが、返済することが困難な借金を抱えていて、先の見えない不安な日々を過ごされているなら、当ブログを参考にしてこの中のいずれかの方法を実践してみてください。
ただし、ご自分のご判断と自己責任にてお願いします。


では、それぞれの方法について詳しく説明します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。